芭蕉について

松尾芭蕉

松尾芭蕉は19才に書き残した句が最も古く、最初に残された句とされています。その後は51才で生涯を終えるまで、多くの旅の俳句を残しています。

有名な旅には「野ざらし紀行」「笈の小文」「奥の細道」と、この3つの旅の記録が、松尾芭蕉の生涯の大きな旅だとされています。

旅の俳聖である芭蕉翁のその生涯や、俳句にまつわるさまざまな情報をご紹介してゆきますね。

松尾芭蕉が旅の俳聖であったことにあやかりこのページにも俳句の旅というタイトルを付けました。

これからお越し下さる皆様に楽しい俳句の旅をご覧頂けたら幸いです。






松尾芭蕉略歴



1644 寛永 21年    :伊賀国(現・三重県伊賀市)農民の子として生まれる

1657  明暦    3年  13歳 :父・与左衛門が死去、兄の半左衛門が家督を継ぐ

1662 寛文 2年  19歳:残されている最初の句を詠む。

1664 寛文 4年  21歳:松江重頼撰の「佐夜中山集」に松尾宗房の名で初入集

1672  寛文 12年 29歳:処女句集「貝おほひ」を上野天満宮(三重県伊賀市)に奉納する

1674 延宝  2年 30歳:「俳諧埋木」が伝授され、江戸へ向かう

1675 延宝  3年 32歳:桃青と名乗る

1677 延宝  5年 34歳:水戸藩邸の防火用水工事に携わる

1678  延宝  6年 35歳:職業的な俳諧師となる

1680 延宝  8年 37歳:深川に居を移し(芭蕉庵)、芭蕉の号を使い始める

1682 天和  2年 39歳:天和の大火で庵を焼失する(翌年再建)

1683 天和   3年 40歳:「野ざらし紀行」の旅に出る

1684 貞享  元年 41歳:江戸にもどる

1685 貞享  2年 42歳:『古池や蛙飛びこむ水の音』

1686 貞享  3年 43歳:伊勢神宮、吉野、京都、信州・善光寺を歴訪「更科紀行」 

1689 元禄  2年 46歳:弟子の曾良を伴い「奥の細道」の旅に出る
『閑さや岩にしみ入る蝉の声』 山形
『五月雨をあつめて早し最上川』 山形
『荒海や佐渡によこたふ天河』 新潟
大垣に着く                 
京都に入り、年末は近江義仲寺の無名庵で過ごす

1690 元禄  3年 47歳:近江の幻住庵に滞在する

1691 元禄  4年 48歳:京都に滞在し「猿蓑」の編纂に取り組む
江戸にもどる

1692 元禄  5年 49歳:新築の芭蕉庵へ移り住む

1694 元禄  7年 51歳:江戸を発ち伊賀上野へ向かう
奈良から大坂へ赴くが、体調を崩し病状が悪化
死去


松尾芭蕉「奥の細道」の俳句一覧


「奥の細道」より

1草の戸も住み替る代ぞひなの家

             季語   ひなの家
             切れ字  ぞ

2行春や鳥啼魚の目は泪

             季語   春
             切れ字  や

3あらとうと青葉若葉の日の光

             季語   青葉 若葉
             切れ字  
 
4剃捨て黒髪山に衣更・・・・・曾良

             季語   衣更
             切れ字 

5暫時は滝に籠るや夏の初

             季語   夏
             切れ字  や

6かさねとは八重撫子の名成べし・・・・・曾良

             季語   撫子
             切れ字 (「べし」助動詞終止形。命令形や形容詞の活用などの切字か?) 

7夏山に足駄を拝む首途哉

             季語   夏山
             切れ字  哉

8木啄も庵はやぶらず夏木立

             季語   夏木立
             切れ字  ず

9野を横に馬牽むけよほとゝぎす

             季語   ほととぎす
             切れ字  よ

 10田一枚植て立去る柳かな

             季語   柳
             切れ字  かな 

11卯の花をかざしに関の晴着かな・・・・・曾良

             季語   卯の花
             切れ字  かな 

12風流の初やおくの田植うた 

             季語   田植
             切れ字  や 

13世の人の見付ぬ花や軒の栗

             季語   栗の花
             切れ字  や 

14早苗とる手もとや昔しのぶ摺

             季語   早苗
             切れ字  や

15笈も太刀も五月にかざれ(かみ)(のぼり)

             季語   五月
             切れ字  れ 

16笠島はいづこさ月のぬかり道

             季語   さ月
             切れ字  

17桜より松は二木を三月越シ

             季語   桜
             切れ字  し(「越す」動詞連用形。命令形や形容詞の活用などの切字か?) 

18あやめ草足に(むすば)ん草鞋の緒

             季語   あやめ草
             切れ字  

19松島や鶴に身をかれほとゝぎす・・・・・曾良

             季語   ほとゝぎす
             切れ字  や

20夏草や兵どもが夢の跡

            季語   夏草

            切れ字  や
 

21卯の花に兼房みゆる白毛かな・・・・・・曾良

            季語   卯の花

            切れ字  かな 


22五月雨の降のこしてや光堂

            季語   五月雨

            切れ字  や

23蚤虱馬の尿する枕もと

            季語   蚤虱

            切れ字  

 

24涼しさを我宿にしてねまる也

            季語   涼し

            切れ字  

 

25這出よかひやが下のひきの声

            季語   ひき

            切れ字  よ

 

26まゆはきを(おもかげ)にして紅粉の花

            季語   紅の花

            切れ字  


27蚕飼する人は古代のすがた哉・・・・・・曾良

            季語   蚕養

            切れ字  哉

 

28閑さや岩にしみ入蝉の声

            季語   蝉の声

            切れ字  や

  

29五月雨をあつめて早し最上川

             季語   五月雨

             切れ字  し

 

30有難や雪をかほらす南谷

             季語   雪

             切れ字  や

 

31涼しさやほの三か月の羽黒山

             季語   涼し

             切れ字  や

 

32雲の峰幾つ崩て月の山

             季語   雲の峰

             切れ字  

 

33語られぬ湯殿にぬらす袂かな

             季語   

             切れ字  かな

 

34湯殿山銭ふむ道の泪かな・・・・・・・・曾良

             季語   

             切れ字  かな

 

35あつみ山や吹浦かけて夕すゞみ

             季語   夕すゞみ

             切れ字  や

 

36暑き日を海にいれたり最上川

             季語   暑き日

             切れ字  

 

37象潟(きさかた)や雨に西施がねぶの花

             季語   ねぶの花

             切れ字  や

 

38汐越や鶴はぎぬれて海涼し

             季語   涼し

             切れ字  や

 

39象潟や料理何くふ神祭・・・・・・・・・曾良

             季語   祭

             切れ字  や

 

40(あま)()や戸板を敷て夕涼・・・・・・・・低耳(みのの国の商人)

             季語   夕涼

             切れ字  や

 

41波こえぬ契ありてやみさごの巣・・・・・曾良

             季語   

             切れ字  や

 

42文月や六日も常の夜には似ず

             季語   文月

             切れ字  や

 

43荒海や佐渡によこたふ天河

             季語   天河

             切れ字  や

 

44一家に遊女もねたり萩と月

             季語   萩と月

             切れ字

 

45わせの香や分入右は有磯海

             季語   わせ

             切れ字  や

 

46塚も動け我泣声は秋の風

             季語   秋の風

             切れ字  け

 

47秋涼し手毎にむけや瓜茄子

             季語   秋涼し

             切れ字  や

 

48あかと日は難面(つれなく)もあきの風

             季語   あきの風

             切れ字  

 

49しほやしき名や小松吹萩すゝき

             季語   萩すゝき

             切れ字  や

 

50むざんやな(かぶと)の下のきり

             季語   きりぎりす

             切れ字  

 

51石山の石より白し秋の風

             季語   秋の風

             切れ字  し

 

52山中や菊はたおらぬ湯の匂

             季語   菊

             切れ字  や

 

53行てたふれ伏とも萩の原・・・・・・曾良 

             季語   萩

             切れ字  

 

54今日よりや書付消さん笠の露

             季語   露

             切れ字  や


 55終宵(よもすがら)秋風聞やうらの山

             季語   秋風

             切れ字  や
 

56庭掃きて出ばや寺に散柳

             季語   散柳

             切れ字  や


57物書て扇引さく余波(なごり)

             季語   扇

             切れ字  哉

 

58月清し遊行のもてる砂の上

             季語   月

             切れ字  し

 

59名月や北国(ほくこく)日和(びより)定なき

             季語   名月

             切れ字  や

 

60寂しさや須磨にかちたる浜の秋

             季語   浜の秋

             切れ字  や

 

61浪の間や小貝にまじる萩の塵

             季語   萩の塵

             切れ字  や

 

62蛤のふたみにわかれ行秋ぞ

             季語   行秋

             切れ字  ぞ