芭蕉の旅「奥の細道」No25・那谷、山中へ

那谷、山中へ

山中温泉へと向かいます。途中には、白根山を後にして更にその先へと歩き続けます。

すると、左の山際に観音堂がありました。これは、第六十五代天皇の花山の法皇だといいます。三十三か所の順礼を成し遂げた後に、千手観音菩薩の像を安置された折に那谷(なた)と名付けられたと言うことです。那智・谷汲の二文字を取って那谷と名付けられたのだそうです。この那智寺には、さまざまに珍しい石があり、古い松がきちんと並べられて植えられていて、観音堂は茅葺の小さな堂です。そして、岩の上の地に造られてあり、尊くありがたい地であると感慨にひたり、ここで芭蕉は一句詠んでいます。

そして、山中温泉にたどり着きます。

この温泉はとても効能があると言われています。その価値は有明けの次にも値するであろうと芭蕉は言います。

そこで、まず一句芭蕉は詠んでいます。

この宿の主は、久米之助と言う者で、まだ十四歳の童でした。この者の父は俳諧を好んでいたという山中温泉の十二宿の一つを営んでいました。

そこに、その昔、貞門俳諧の門人として有名な貞室が、まだ名を成さない若輩であったころに、この地に来ていたが、ここでは風雅に辱しめられてしまったため、京に帰りやがて成功したといいます。

そうして、その後に、この一村を判詞として請けられたといいます。今では、もう昔ばなしとなってしまった話のようです。

曾良は、長旅の疲れで腹の病にかかってしまい伊勢の国の長島という所にゆかりの者がいるので、そこへ先に行くことになり一人で旅立つのでした。

そこで、曾良が別れを惜しみ一句詠んでいます。

そして、行くものの悲しみ、残るものの恨みは、二羽の鳥が離れ離れとなり空に浮かぶ雲に迷ってしまうようであると、芭蕉もここで一句詠んでいます。