芭蕉の旅「奥の細道」No27・天竜寺、永平寺

天竜寺、永平寺

丸岡の天竜寺に長老がいて、その年おいた和尚に何か古き謂れがあるかと訪ねました。

また、金沢の北枝という蕉門のもので後に十哲の一人と言われる者が、ここまで見送りに来ていました。

途中のところどころの風景を通り過ぎてくるだけでなく心に刻みつけて、

折に触れて風雅の句を作ろうとする意志がるものと聞きました。

今、ここで別れるに望んで、芭蕉は一句詠んでいます。

そして、芭蕉は五十丁山に入り、永平寺を礼拝します。

道元禅師の開基のお寺であります。帝都から千里の天子直轄の地で、このような山陰にその姿を残しているのも、何と貴きことでありましょう。