芭蕉の旅「奥の細道」No29・敦賀から種の浜へ

 

敦賀から種の浜へ

しだいに白根が嶽が隠れて、比那が嵩が表れて来ます。

浅水川(あそうずがわ)に架かっている橋を渡り、玉江の芦にはもう穂が出ている頃となりました。

鶯の関を過ぎて、湯尾の峠を越えれば、燧ケ城、かえる山には初雁の鳴く声を聞いて、十四日の夕暮れに、敦賀の港に宿をとります。

その夜は月が、殊のほか明るく照らし「あすの夜も、こうであってほしいものだ」と言うと、「越路の習いで、明日の天気は読めないものです。」と言い、宿の主に酒を進められて、けいの明神の夜祭にお参りに出かけます。

この神社は仲哀天皇の御廟(ごびょう)だと言います。社頭神はさびて、松の木の間から月の光がさしていて、真っ白な霜がかかっているようです。

その昔、遊行二世の上人が、大願発起した事があり、みずから草を刈り、土石を荷って、ぬかるみやどろをかわして、参詣の人や往来の者達を通りやすくしたという事です。

この古い例は、今でも絶えず語られています。

神前に細かい真砂を運ばせ「これを遊行の砂持と申します。」と亭主が話してくれました。

そこで、芭蕉は一句詠み、翌十五日は、亭主の話も残念ながら雨が降り

そこでまた、芭蕉は一句詠でんでいます。

そして次の十六日は、空は晴れて小貝を拾おうとして、種の浜に舟を走らせます。浜へは海の上を七里ほどかかります。

天屋五郎右衛門とやら言うもの、破籠、小竹筒など、細かな物まで準備して、使いの物など皆で舟に乗り、追い風にあおられながらちょうど良く浜に着きました。

浜にはわずかな海女の小家があり、侘しいたたずまいの法花寺があります。

ここでお茶を飲んで、酒を温めて、夕暮れの寂しさを感じるまでを過ごし、ここで芭蕉は、二句詠んでいます。

そして、その日のあらましを等裁の筆にしたためさせ寺に残しています。