芭蕉の「旅」と紀行文

芭蕉と旅と紀行文

芭蕉は自らを見つめ自然の心をとらえ、575の文字で表現するために、風雅の道を求めていました。
そのために、作品に行き詰まると旅を試みています。代表的な紀行文を上げてみましょう。
「野ざらし紀行」「笈の小文」「奥の細道」この3つが最も有名です。

そして、その合間にも幾つかの紀行文を残しています。「鹿島詣」「更科紀行」「嵯峨日記」などです。

 

●年齢順のまとめ(代表的な一句)

四十一才
「野ざらし紀行」野ざらしの旅。1684年秋~翌年1685年4月。

野ざらしをこゝろに風のしむみかな

四十四才
「鹿島詣」 月見がてら鹿島への旅。 1687年8月。

月はやしこずゑはあめを持ながら

四十四才
「笈(おい)の小文(こぶみ)」旅を楽しむ心境の旅。1687年10月~1688年の旅。

旅人と我名よばれん初しぐれ

四十五才
「更科紀行」笈の小文の旅を終え帰りの旅。1688年8月。

俤は姨ひとりなく月の友

四十六才
「奥の細道」みちのくの旅。1689年3月27日深川を出発~9月6日大垣に筆を止める。

閑さや岩に染み入る蝉の声

四十八才
「嵯峨日記」落柿舎滞在中の日記。1691年四月十八日~五月四日。

五月雨や色紙へぎたる壁の跡

 

~~芭蕉の旅を詠んだ句~~

旅がらす古巣はむめに成にけり   42才

旅寝してみしやうき世の煤はらひ  44才

住つかぬ旅のこゝろや置炬燵    47才

旅人のこゝろにも似よ椎の花    50才

旅に病で夢は枯野をかけ廻る    51才

(2017・6・24)

五月の句

● 五月の芭蕉の句を探してみました。結構ありますね。

五月雨に御物遠や月の顔
五月雨も瀬ぶみ尋ぬ見馴河
五月雨に鳰の浮巣を見に行む
五月雨や桶の輪切る夜の声
髪はえて容顔蒼し五月雨
海ははれてひえふりのこす五月哉
日の道や葵傾くさ月あめ
笈も太刀も五月にかざれ紙幟
五月の雨岩ひばの緑いつ迄ぞ
目にかゝる時やことさら五月富士
五月雨は滝降うづむみかさ哉
さみだれや蚕煩ふ桑の畑
さみだれの空吹おとせ大井川
五月雨をあつめて早し最上川

ざっと拾い集めてみても十句以上ありました。勿論、有名な「奥の細道」最上川の句もありますね。やはり五月は初夏の自然の美しさと、長雨の風情とが相まって、芭蕉の句ごころを掻き立てるものがあるのでしょうか。
今でも、五月の頃は緑の美しい風薫る過ごしやすい季節です。
(2017・5・9)

青葉の句

●もうすっかり花は散り桜の木もみるみる葉桜となりました。そろそろ青葉が美しい季節ですね。そこで、ここに芭蕉の青葉の句をご紹介致します。

あらとうと青葉若菜の日の光り

この句は芭蕉「奥の細道」の句です。まさにこの頃は初夏でしょう。日光で卯月の朔日(陰暦4月1日で陽暦5月19日)に詠んだ句とされています。日光の古い杉並木の街道が目に浮かびますね。

(2017・5・1)

さくら10句

●ことしは桜が早く咲き始めましたがなかなか満開を迎えずに長い花の季節でした。それでも4月の満開をむかえるとあっという間に花吹雪となり散ってしま いましたね。今日はそんな桜を惜しみ芭蕉の桜の句を10句ご紹介致します。

さまざまのこと思ひ出す桜かな
花の雲鐘は上野か浅草か
しばらくは花の上なる月夜かな
奈良七重七堂伽藍八重ざくら
初花に命七十五年ほど
咲乱す桃の中より初桜
うかれける人や初瀬の山桜
草いろいろおのおの花の手柄かな
よし野にて桜見せふぞ檜の木笠
花ざかり山は日ごろのあさぼらけ

(2017・4・23)

芭蕉の食の俳句「茄子」

芭蕉の食べ物俳句に、茄子の句を見つけました。

茄子は夏の季語ですね。

そろそろ美味しい季節かと思います。

江戸時代の芭蕉は、茄子でどんな句を詠んでいるのか見てみましょう。

 

秋涼し手毎にむけや瓜茄子

めづらしや山を出羽の初茄子

 

これは茄子を「なすび」と呼んでいますね。まづ初めの句ですが、出だしの上五から季節がずれています。「秋涼し」とは、勿論、秋の季語です。なのに最後の下五で「瓜茄子」で締めています。これは「うりなすび」となりますね。うりとなすとしても、どちらも夏の季語なのです。これでは季感が合いません。芭蕉は、夏の終わりから秋の初めに、すでに良く熟した瓜や茄子を手でそのまま向いて食べれるようになったという季節の移り変わりを詠みたかったのではないでしょうか。なすにはうりのような細長い品種があることも考えられますね。けれども江戸時代のことですから、瓜は今の胡瓜かもしれません。

次の句は前回の食の句のブログにも含まれていた句です。芭蕉が「奥の細道」で出羽に行った時の句です。ここでは「初茄子」なので初夏でしょう。季感ははっきりしますし、まとまった句ですね。出羽三山が浮かびますね。

ここで、もう一句見つけたのでご紹介します。

 

梅若菜鞠子の宿のとろろ汁

 

この句は「とろろ汁」を詠んでいます。これは、芭蕉が奥の細道のあとの猿蓑で読んでいる句ですから、東海道丸子の宿だと思われます。古来から有名な「とろろ汁」は、丸子の宿が名産地なので季語では秋ですが、どうやら梅が咲く若菜の頃でも食べられていたようですね。これも、最初の「秋涼し」の句のように季重なりなので季感がはっきりと解らない句です。それでも、春の季語から始まっているところから、春の句なのではないかと考えられますね。

このように食べ物は季節感が豊富なので、さまざまな解釈が考えられて面白いですね。

最後に少し面白い茄子の成句を揚げておきましょう。

 

瓜の蔓に茄子はならぬ

秋茄子は嫁に食わすな

なんて言われているのですね。案外、芭蕉も知っていた成句かも知れません。

 

 

 

 

ふるさとの旅・九十九里浜

生まれ故郷・九十九里浜

  炎帝の召され九十九里浜の朝            上野貴子(ページタイトル画にて)

人はいつでも心のどこかに、自分の生まれ育ったふるさとの思い出を大切にしまい込んで、変わりゆく日常の暮らしに追われ忙しなく生きているものです。そんな毎日の狭間で、ふと立ち止まってみると、そこには時を越えたふるさとの思い出が心の奥底からこみ上げてきて、まるで幼い少女の頃にでもタイムスリープしてしまったかの様な気持ちになります。

  ゆく春の落書きたどり記念館            上野貴子

私の故郷にはいとうさちおと言う郷土の偉人が居て記念館が有名ですが、この記念館の歌碑を思うと、まるで時が止まってしまったような歴史の重みに胸が切なくなります。

  太陽の昇る町へと花峠               上野貴子

そして、そんな故郷から都会の町へ夢を抱えて上京した学生時代を思い出すのです。

  海までの道を青田の波そよぐ            上野貴子

いつまでも変わることの無い永遠のふるさと、それはかけがえのない心のまほろばと言えるに違いありません。

(Mahoroba・No4,2010年掲載より)

「奥の細道」その後

「奥の細道」の旅を大垣に行き着いて、そこで終了していますが、大垣から江戸までは、かなりの距離です。
もう一度、今度は江戸へ向かって旅をしなければなりません。

この後、いったい芭蕉はどうしたのでしょうか?

一説によると、「奥の細道」の最後の大垣の章には、伊勢神宮の遷都を見にお伊勢参りに向かいとあります。

けれども、これまでの旅の疲れもあり、先ずは故郷の伊賀上野へ行き、そこで疲れを癒したと言われています。そして、大津の木曽義仲の眠る義仲寺へ行きます。そこから大津岩間山の山中の幻住庵を訪ねます。そして、この庵に四か月ほどのんびりとした時を過ごし「幻住庵記」を残しています。そこから、京都を巡り伊勢まで行きます。伊勢では西行が庵を結んだという二見ヶ浦に立ち寄っています。

これは、記録では大きな紀行文としての旅ではないようですが、この時期に嵯峨落柿舎に滞在中の日記として「嵯峨日記」を書き記しています。芭蕉四十八才四月十八日から五月四日までとされています。そして、やはり江戸へ戻るのですが、この時にはすでに芭蕉庵は人手に渡ってしまっています。

そこで、すぐ近くに新たな芭蕉庵を新築します。そして、約二年半をその新たな芭蕉庵で過ごしています。

その後、芭蕉は最後の旅に出ます。これは西国を巡る長い旅の予定でした。しかし、この旅の途中で芭蕉は息を引き取ります。大阪の御堂筋とされています。そして、その墓は、芭蕉の意志により滋賀県大津市にある木曽義仲の墓のある義仲寺に今でも埋葬されているといいます。

そして、その後の1695年元禄8年には「芭蕉翁行状記(ぎょうじょうき)」が刊行されています。