芭蕉の食の俳句「茄子」

芭蕉の食べ物俳句に、茄子の句を見つけました。

茄子は夏の季語ですね。

そろそろ美味しい季節かと思います。

江戸時代の芭蕉は、茄子でどんな句を詠んでいるのか見てみましょう。

 

秋涼し手毎にむけや瓜茄子

めづらしや山を出羽の初茄子

 

これは茄子を「なすび」と呼んでいますね。まづ初めの句ですが、出だしの上五から季節がずれています。「秋涼し」とは、勿論、秋の季語です。なのに最後の下五で「瓜茄子」で締めています。これは「うりなすび」となりますね。うりとなすとしても、どちらも夏の季語なのです。これでは季感が合いません。芭蕉は、夏の終わりから秋の初めに、すでに良く熟した瓜や茄子を手でそのまま向いて食べれるようになったという季節の移り変わりを詠みたかったのではないでしょうか。なすにはうりのような細長い品種があることも考えられますね。けれども江戸時代のことですから、瓜は今の胡瓜かもしれません。

次の句は前回の食の句のブログにも含まれていた句です。芭蕉が「奥の細道」で出羽に行った時の句です。ここでは「初茄子」なので初夏でしょう。季感ははっきりしますし、まとまった句ですね。出羽三山が浮かびますね。

ここで、もう一句見つけたのでご紹介します。

 

梅若菜鞠子の宿のとろろ汁

 

この句は「とろろ汁」を詠んでいます。これは、芭蕉が奥の細道のあとの猿蓑で読んでいる句ですから、東海道丸子の宿だと思われます。古来から有名な「とろろ汁」は、丸子の宿が名産地なので季語では秋ですが、どうやら梅が咲く若菜の頃でも食べられていたようですね。これも、最初の「秋涼し」の句のように季重なりなので季感がはっきりと解らない句です。それでも、春の季語から始まっているところから、春の句なのではないかと考えられますね。

このように食べ物は季節感が豊富なので、さまざまな解釈が考えられて面白いですね。

最後に少し面白い茄子の成句を揚げておきましょう。

 

瓜の蔓に茄子はならぬ

秋茄子は嫁に食わすな

なんて言われているのですね。案外、芭蕉も知っていた成句かも知れません。