芭蕉の詠んだ桜の句より

芭蕉の詠んだ桜の句のなかに

「菜畠に花見顔なる雀哉・・・芭蕉」

1685年貞享二年芭蕉42才の句があります。この句は解釈が難しい句ですが、「菜畠」「花見顔」「雀」と575にそれぞれがポイントとなる言葉を含んでいます。

「菜畠」とは菜の花の畑であろうと考えられますね。

「花見顔」とはお花見で楽しそうな満足顔でしょう。

「雀」ここでは愛らしい村雀か人なつこい小鳥ですね。

それぞれが季節は春と感じさせますが、雀には季節感はないですね。けれども句の意味としては雀がお花見をしているような春を喜んでいる顔に見えるという意味でしょう。

菜畠はさまざまな菜っぱの植えてある畑であるはずです。そこに花が咲いているのかどうかは解りません。もしかしたら、菜の花を桜に見立てて雀を詠んでいるかもしれません。桜の咲く頃には当然菜の花も咲いていますから、ここでは、雀が菜っ葉の畑にいて可愛らしくそこにある桜の木でお花見をしているようだ。そんな桜の花が咲いているような光景が浮かびますね。果たして実際には底に桜は咲いていたのでしょうか。

今年は桜が早いので、田園風景の一齣にこんな自然のなかで咲く美しい桜を目にしました。山に咲く自然の山桜や、畑の中の一本桜など、意外な場所に意外な早さで咲いている桜が目に入りました。

思いもよらない桜の花の早い開花が、新型コロナウイルスでなんでも自粛の時世にまるで浮世絵のように美しく見えますね。

(2020・3・25)

2020年3月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

芭蕉が詠んだ梅の句

芭蕉の詠んだ梅の句の中で有名な句をご紹介!

「盛なる梅にす手引風も哉・・・芭蕉」

あまりに美しい梅の花に見とれて手折ることが出来ない気持ちでいる風よお前も同じようにこのままで散らさずに優しく吹きすぎてくれるといいなァ。

そんな気持ちで芭蕉はこの句を詠まれたのでしょう。

江戸の頃には桜が人気になり花見が盛んですが、それでもいち早く咲く梅は平安の万葉集にも桜よりも多く詠まれていると言われるくらいに人々に愛されていたようですね。

芭蕉の詠んだ「梅」

2020年3月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin