俳句575第六回「切れ字って何」勉強会

俳句575第六回「切れ字って何」勉強会
~~~著:中井(なかい)三(み)好(よし)「口語体俳句論」より考える~~~~

今回は切れ字「や」「かな」「けり」という切れ字に否定的な本を見つけたので、ご紹介致します。

その本はまさにタイトルから『「や」「かな」「けり」捨ててこそ・・・・』となっていて、思わずAmazonで見つけて買ってしましました。

読んで見ると、確かに「や」「かな」「けり」を捨てて文語体の呪縛から脱しふだん着のことばで・・・という帯文が付いています。

やはり、この作者も切れ字を避けようとすると、そこには文語体という大きな壁が立ちはだかっていて、これを乗り越えるためには、他の文章同様に口語体を使うべきだという考えをお持ちのようです。

俳句が正岡子規の時代に、革新的な変革を遂げたのは、文明開化という大きな時代からの要請であり、必然的に大きく変わって行きました。けれども、言語活動の変化とは違い、俳句では今でも文語体と口語体がごちゃ混ぜで、明確に分かれてはいません。

そこで、日常の生活からすでに文語体は消えていると明言されています。確かに、今の生活の中には、文語体はすでに古典のみです。

そこで、俳句の世界が停滞し衰退してゆかないためには、生きた言葉で、気軽に表現してゆくことが大切なのです。

「や」「かな」「けり」がたった十七文字に含まれてしまえば、自ずと文語体となります。それを文語体とならない生きた俳句として詠むためには、たった十七文字を上手くまとめ上げなければなりません。

この作者は、口語体で俳句を詠むことは、必ずしも自由律俳句では無いと述べています。575の定型のリズムを崩さずに口語体にまとめるためには、切れ字は必要がないと考えているようです。このような考え方は、おしゃべり感覚で今の言葉で俳句を詠もうと考えている私の考えにも通じるものがあります。

575の定型が必ずしも文語体である必然性を生み出すとは思えないという考えが、私の想う所なのです。言葉のリズムは、文字に書くよりもおしゃべり感覚の会話調の中から自然に生み出されてゆきます。現在の文章の書き方は、すでにそうなっています。

ですから、俳句でも現代の人間が、現代に生きている自分の言葉で俳句を詠むのですから、自ずと口語体が思い浮かぶはずです。ことさら切れ字を取って付けたように乱用することは良く無い傾向だと考えます。

これまで、芭蕉の「奥の細道」をたたき台にして、切れ字の考察を続けて来ましたが、ここにおさらいしてみると

切れ字「や」の数が二十九句もある。・・・・・・上五に多く使われている。

切れ字「けり」はほとんど無いと思われる。

切れ字「かな」は八句。・・・・・・・・・・・・下五に使われている。

切れ字の無い句が十五句。

となっており「や」「かな」「けり」の切れ字では、「や」の次が、切れ字が使われて無い句となり十五句もありです。つまり、「や」は多いけれども、他には、無い方が多いという結果です。

芭蕉の時代からすでに、575のリズムに区切りながら十七文字に上手くまとめることが俳句のまとめ方であり、必ずしも切れ字を使わなければならないと言う決まりではなかったようですね。

今回は、「口語体俳句論」著:中井(なかい)三(み)好(よし)という一冊の本を参考にさせて頂きました。面白い俳句論だと思います。この作者が文中に掲げていらっしゃるように、「や」「かな」「けり」を捨ててこそ、今の時代に生きる、同時代の俳句が詠めるのではないかと共感致します。

おしゃべり感覚の俳句を、これからも多くの方に解って頂けたら幸いだと考えています。二〇二〇年は予想もしなかった新型コロナウイルスのパンデミックとなり、未曾有の状態ですが、これからは、ますます同時代の生きた俳句が求められて行くであろうと考え、またそうあるべきだという考えを、この本を読んで更に強く感じました。この先不透明な不安を俳句修行で拭い去り、必ず来るアフターコロナの時代に備えて行こうではありませんか。必ず新時代に向けての新たな風が巻き起こるに違いありません。

(2020/11/29)

 

2020年12月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin