芭蕉が詠んだ桜の句

2018年の桜は例年に比べて開花が早いですね。このところ年々はやまっているようです。

さくらは咲き始めると1週間くらいで満開を迎えてその後一週間くらいが最高の見ごろだと言われます。東京では開花が17日でしたから、来週のエープリールフールの頃までが一番の見頃のようですね。

芭蕉も江戸時代に流行ったと言われているお花見や各地のさくらの句が沢山あります。今回は出来るだけ抜粋してみました。全部で36句ありました。まだまだあるかもしれませんが、桜の季節に芭蕉がどんな句を詠んでいたのか多いに気になりますね。

芭蕉の桜の句

2018年芭蕉の桜の句

としどしや櫻をこやす花のちり
命二つの中に生たる櫻哉
さまざまの事おもひ出す櫻かな
花をやどにはじめをはりやはつかほど
このほどを花に礼いふわかれ哉
よし野にて櫻見せふぞ檜の木笠
花の陰謡に似たる旅ねかな
櫻がりきどくや日ゝに五里六里
さびしさや花のあたりのあすならふ
花ざかり山は日ごろのあさぼらけ
景清も花見の座には七兵衛
しばらくは花の上なる月夜かな
猶見たし花に明行神の顔
鶴の巣に嵐の外のさくら哉
木のもとに汁も鱠も櫻かな
畑打音やあらしのさくら麻
似あはしや豆の粉めしにさくら狩
種芋や花のさかりに売ありく
人里はみな花守の子孫かや
四方より花吹入てにほの波
鐘消て花の香は撞く夕哉
思い出す木曾や四月の櫻狩
聲よくばうたはふものを桜散
散花や鳥もおどろく琴の塵
春の夜は櫻に明けて仕廻けり
ゆふばれや櫻に涼む波の花
櫻より松は二木を三月越シ
木の葉散櫻は軽し檜木笠
花の雲鐘は上野か浅草か
奈良七重七堂伽藍八重ざくら
初花に命七十五年ほど
咲乱す桃の中より初桜
うかれける人や初瀬の山桜
草いろいろおのおの花の手柄かな
よし野にて桜見せふぞ檜の木笠
花ざかり山は日ごろのあさぼらけ

 

今年のこの抜粋の中で私は以下の3句がとても好きです。

さまざまの事おもひ出す櫻かな

しばらくは花の上なる月夜かな

花の雲鐘は上野か浅草か

いかがですか。お花見の季節の切なく短い夢のような一時を、期待しながら待つ江戸時代の芭蕉の気持ちが伝わる名句ですよね。お花見には染井吉野が多く、山桜の句との違いが良く解ります。上野の不忍の池から浅草の浅草寺あたりのさくらまで、江戸のさくらが一斉に咲いて、まるで雲のような美しい景色が目に浮かぶようです。

 

 

芭蕉が詠んだ梅の句

早春の声が聞こえる頃となりました。まだもう少し東京では寒い日が続きますが、例年通りなら、お雛祭りの頃には風も和らいでくるのですが、今年は果たしてどうなのかな?

そんな、早春の二月となるとやはり梅の咲き始める頃ですね。

此の梅の花は、万葉の頃には桜よりも好まれて多く歌にも詠まれていました。

芭蕉の江戸時代はどうなのでしょうか。今回は梅の句を探してみました。約21句見つかりました。

 

盛なる梅にす手引風も哉

降る音や耳もすふ成梅の雨

我も神のひさうやあふぐ梅の花

るすにきて梅さへよそのかきほかな

初春先酒に梅賣にほひかな

世にゝほへ梅花一枝のみそさゞい

梅白し昨日ふや鶴を盗れし

梅こひて卯花拜むなみだ哉

忘るなよ藪の中なる梅の花

さとのこよ梅おりのこせうしのむち

梅つばき早咲ほめむ保美の里

先祝へ梅を心の冬籠り

あこくその心もしらず梅の花

香にゝほへうにほる岡の梅のはな

手鼻かむをとさへ梅の盛哉

梅の木に猶やどり木や梅の花

御子良子の一もと床し梅の花

紅梅や見ぬ戀つくる玉すだれ

梅若菜まりこの宿のとろゝ汁

梅が香やしらゝおちくぼ京太郎

かぞへ来ぬ屋敷~の梅やなぎ

 

やはり梅の句は風流ですね。芭蕉にとっても梅は美しくて香りの良い春の花だったようです。

芭蕉は、梅の花を白梅と紅梅に分けて詠んでいる句はあまり無いようですね。江戸時代にはどちらが多かったのでしょうか?白梅は、わざわざ白いと詠まなくても梅と言えば白梅だったのかもしれません。けれども「梅白し」という句もあるので、どちらとも言い難く、庭に咲く姿は見事だったようです。

そして、自然に咲いている姿も詠んでいます。白い梅か紅い梅か、想像してみるのも面白いですね。

最近では品種も多く、白梅が早く咲くと言いますが、寒紅梅などの種類もあり、庭園などではまさにどちらが先か解らないようです。

 

(2018・2・18)

 

 

 

芭蕉の詠んだお正月の句

芭蕉の詠んだお正月の句「新年」

 

春立つや新年ふるき米五升

 

「新年」で探したところ芭蕉38才のころのこの句しかありませんでした。
この句からも、江戸時代は立春がお正月だったことが良く解りますね。そこで、「餅」の句を探してみました。

 

餅雪をしら糸となす柳哉

餅を夢に折結ふしだの草枕

餅花やかざしにさせる娌(よめ)が君

誰が聟(むこ)ぞ歯朶に餅おふうしの年

煩(わずら)へば餅をも喰はず桃の花

鶯や餅に糞する縁のさき

 

やはり「餅」の句となるとお正月らしいですね。けれども「餅」は季語としては冬ですが、現代では春の季語とされている言葉との季重なりが目立ちます。

 

初春先酒に梅賣にほひかな

幾霜に心ばせをの松かざり

古畑や薺摘行男ども

二日にもぬかりはせじな花の春

よもに打つ薺もしどろもどろ哉

元日は田ごとの日こそ戀しけれ

やまざとはまんざい遲し梅の花

元日や猿に着せたる猿の面

蒟蒻にけふは賣かつ若菜哉

蓬莱に聞ばや伊勢の初便

一とせに一度つまるゝ菜づなかな

むめがゝにのつと日の出る山路かな

 

初日の出の習慣は、日本古来のものであるようなのですが、明治以降に盛んになったと言われています。芭蕉の句にも「日の出」とあり「初日の出」とは詠んでいません。

芭蕉の時代には春とともにお正月を迎えますから、薺や若菜などの句が新年に詠まれています。今でも七草粥にその名残りがあります。元日や二日と言った三が日の句も詠まれていますね。

 

(2018・1・8)

 

芭蕉の詠んだ年末の句

成にけりなりにけり迄年の暮

わすれ草菜飯につまん年の暮

年暮ぬ笠きて草鞋はきながら

めでたき人のかずにも入む老のくれ

年の市線香買に出ばやな

月雪とのさばりけらしとしの昏

旧里や臍の緒に泣く年の暮

皆拜め二見の七五三をとしの暮

盗人に逢ふたよも有年のくれ

魚鳥の心はしらず年わすれ

分別の底たゝきけり年の昏

古法眼出どころあわれ年の暮

 

芭蕉が師走も押し迫った年末の句として「年の暮」を詠んだ句は約12句ありました。年の市や年忘れも含めて抜粋致しましたが、毎年、それぞれの年末の様子が垣間見れます。

年の暮には、芭蕉も魚や鳥を食べて無礼講だったのか、動物を憐れんでいる句が印象的です。

旅の俳聖だけあって旅先で年末を迎えることもあったようですね。見知らぬ土地での切なさを感じる句もあります。

ふだんの旅吟よりどこか切ない年の終わりを惜しみつつ、来る年を待ちわびている芭蕉の気持ちが、時を越えて今の平成に生きる私達にも伝わって来ますね。

 

芭蕉の詠んだ時雨の句

1初時雨初の字を我時雨哉
2初しぐれ猿も小蓑をほしげ也
3旅人と我名よばれん初しぐれ
4時雨をやもどかしがりて松の雪
5世にふるもさらに宗祇のしぐれ哉
6山城へ井出の駕籠かるしぐれ哉
7作りなす庭をいさむるしぐれかな
8宿かりて名を名乗らするしぐれ哉
9新わらの出そめて早き時雨哉
10白芥子や時雨の花の咲つらん
11人々をしぐれよやどは寒くとも
12一尾根はしぐるゝ雲かふじのゆき
13しぐるゝや田のあらかぶの黑む程

11月になりました。立冬も過ぎて小春日和がぽかぽかと心地よい季節です。
ここでは、芭蕉の詠んだ「時雨」をピックアップしました。冬になると朝晩の時雨が寒さを呼んできます。
ちょうど「小六月」と言われるように「時雨」の季節です。

さて、芭蕉が時雨を詠んだ句は約13句ありました。3の句は芭蕉44才「笈の小文」の句です。旅の俳聖と言われる芭蕉らしい句ですね。秋も深まり冬がやってきた儚い漂泊の身の上を詠んでいます。

こうしてみると時雨には季重なりの句が多いようです。季節が移り変わる晩秋から初冬に詠まれているからでしょう。

芭蕉の句の特徴なのかあまり寒さが厳しくて時雨が冷たいという感じの句は無いように思いますね。これは「時雨」という降ったりやんだりのはっきりしない天候を上手く表しているためにユーモラスな感覚の句となるからなのでしょう。

 

芭蕉の詠んだ秋の月

芭蕉の詠んだ月

いつの間にか九月となりました。今年はこれまでよりも秋らしくなるのが早く感じます。
台風が来るたびに涼しくなる季節です。そして、秋と言えば一年の内で月が一番美しく見える季節です。そこで芭蕉が詠んだ秋の月の句を抜粋してみました。やはり月の句はとても多く約77句もありました。まずは、その中で有名な名句を5句。

名月や池をめぐりて夜もすがら
あの中に蒔絵書きたし宿の月
俤や姨ひとり泣月の友
一家に遊女もねたり萩と月
衣着て小貝拾はんいろの月

まずどなたもご存知の名句から抜粋しました。この句は、芭蕉43才の頃に芭蕉庵で詠んだ句とされています。秋の夜長の美しい月が池に移る光景が目に浮かびますね。

そして、次の句は、お盆の様にまん丸い月を詠んでいます。工芸品である漆器の蒔絵の豪華さが想像できますね。

次は、更科紀行で有名な句です。切ない伝説のある木曽は信州の山奥の句です。

その次は、奥の細道で有名な句ですね。北陸一の難所と言われる親不知子不知を過ぎて金沢へ向かう途中の宿場での一夜を芭蕉が詠んだものです。46才の頃とされています。

最後の句は美しい浜で知られるいろの浜で月を詠んでいます。月夜の浜辺で小貝を拾っている芭蕉の姿が思い浮かびます。とても風流で風雅の極みです。

 

~芭蕉秋の月を詠んだ句一覧~

1月ぞしるべこなたへ入せ旅の宿
2たんだすめ住ば都ぞけふの月
3影は天の下でる姫か月のかほ
4かつら男すまずなりけり雨の月
5命こそ芋種よ又今日の月
6詠るや江戸にはまれな山の月
7けふの今宵寝る時もなき月見哉
8今宵の月磨出せ人見出雲守
9木をきりて本口みるやけふの月
10實や月間口千金の通り町
11蒼海の浪酒臭しけふの月
12月十四日今宵三十九の童部
13馬に寝て殘夢月遠し茶のけぶり
14みそか月なし千とせの杉を抱あらし
15雲折々人をやすむる月見哉
16名月や池をめぐりて夜もすがら
17座頭かと人に見られて月見哉
18明行や二十七夜も三日の月
19月はやしこずゑはあめを持ながら
20寺にねて誠がほなる月見哉
21賎のこやいね摺かけて月をみる
22いものはや月待さとの焼ばたけ
23何事の見たてにも似ず三かの月
24あの中に蒔絵書きたし宿の月
25俤や姨ひとり泣月の友
26月影や四門四宗も只一ツ
27いさよひのいづれか今朝に殘る菊
28木曽の痩もまだなをらぬに後の月
29明月の出るや五十一ヶ條
30涼しさやほの三か月の羽黒山
31雲の峰幾つ崩て月の山
32其玉や羽黒にかへす法の月
33月か花かとへど四睡の鼾哉
34一家に遊女もねたり萩と月
35名月の見所問ん旅寝せむ
36月見せよ玉江の芦を刈ぬ先
37あさむつや月見の旅の明ばなれ
38あすの月雨占なはんひなが嶽
39月に名を包みかねてやいもの神
40義仲の寝覺の山か月悲し
41中山や越路も月はまた命
42國ゞの八景更に氣比の月
43月清し遊行のもてる砂の上
44名月や北國日和定なき
45月のみか雨に相撲もなかりけり
46ふるき名の角鹿や恋し秋の月
47衣着て小貝拾はんいろの月
48そのまゝよ月もたのまじ伊吹山
49かくれ家や月と菊とに田三反
50月さびよ明智が妻の咄しせむ
51名月や兒たち並ぶ堂の縁
52名月や海にむかへば七小町
53明月や座にうつくしき顏もなし
54月しろや膝に手を置く宵の宿
55九たび起ても月の七ツ哉
56三井寺の門たゝかばやけふの月
57米くるゝ友を今宵の月の客
58やすゝと出ていざよふ月の雲
59十六夜や海老煎る程の宵の闇
60鎖(ぢやう)あけて月さし入よ浮み堂
61名月はふたつ過ても瀬田の月
62橋桁のしのぶは月の餘波かな
63夏かけて名月あつきすゞみ哉
64川上とこの川しもや月の友
65十六夜はわづかに闇の初哉
66みしやその七日は墓の三日の月
67入月の跡は机の四隅哉
68月やその鉢木の日のした面
69名月に麓の霧や田のくもり
70名月の花かと見へて棉畠
71今宵誰よし野の月も十六里
72菊に出て奈良と難波は宵月夜
73升かふて分別替る月見哉
74秋もはやばらつく雨に月の形
75月澄むや狐こはがる兒(ちご)の供
76しばのとの月やそのまゝあみだ坊
77名月の夜やおもゝと茶臼山

 

2017年9月17日 | カテゴリー : 季語, 芭蕉 | タグ : | 投稿者 : admin

芭蕉が詠んだ朝顔

芭蕉の詠んだ朝顔

朝顔に我は食(めし)くふおとこ哉
三ヶ月や朝顔の夕べつぼむらん
蕣(あさがお)は下手(へた)のかくさへ哀(あはれ)也
朝顔は酒盛しらぬさかりかな
蕣や昼は錠おろす門の垣
蕣や是も又我が友ならず

芭蕉は、朝顔の花を哀れで美しいと捉えているようです。
加賀千代女の「朝顔に釣瓶とられてもらひ水」という名句が浮かびますが、女性の朝の水仕事の句との対比が面白いですね。

朝のご飯の前に早々と咲く朝顔にいとおしさを感じます。
そして、50歳を超えてからの句は、芭蕉の自然を愛でる思いが、朝顔を友とするという表現で上手く詠まれていますね。

(2017/8/25)

 

芭蕉の七夕の句

芭蕉の七夕の句と言えば、有名な「奥の細道」の句を思い出しますね。

 

荒海や佐渡によこたふ天河   芭蕉

 

「天河」が季語ですが、奥の細道の名句で七夕に書かれたとの記録が曽良書留にあることから、七夕の句となりますね。

 

七夕のあはぬこゝろや雨中天  芭蕉

七夕や秋を定むる夜のはじめ  芭蕉

 

「七夕」という季語から始まる2句です。最初の句は芭蕉24才の時の句。七夕の伝説になぞらえた句で、雨の七夕の夜をよんでいます。

後の句は芭蕉51才の時の句です。七夕がくると秋がやって来る暦では立秋を迎える思いを詠んでいます。

芭蕉の句から七夕を探してみました。案外少なく3句でした。今日は七夕です。東京は晴れていて月が良く見えています。天の川も見えるでしょうか。窓の外を覗いてみたいと思います。

 

芭蕉の食の俳句「茄子」

芭蕉の食べ物俳句に、茄子の句を見つけました。

茄子は夏の季語ですね。

そろそろ美味しい季節かと思います。

江戸時代の芭蕉は、茄子でどんな句を詠んでいるのか見てみましょう。

 

秋涼し手毎にむけや瓜茄子

めづらしや山を出羽の初茄子

 

これは茄子を「なすび」と呼んでいますね。まづ初めの句ですが、出だしの上五から季節がずれています。「秋涼し」とは、勿論、秋の季語です。なのに最後の下五で「瓜茄子」で締めています。これは「うりなすび」となりますね。うりとなすとしても、どちらも夏の季語なのです。これでは季感が合いません。芭蕉は、夏の終わりから秋の初めに、すでに良く熟した瓜や茄子を手でそのまま向いて食べれるようになったという季節の移り変わりを詠みたかったのではないでしょうか。なすにはうりのような細長い品種があることも考えられますね。けれども江戸時代のことですから、瓜は今の胡瓜かもしれません。

次の句は前回の食の句のブログにも含まれていた句です。芭蕉が「奥の細道」で出羽に行った時の句です。ここでは「初茄子」なので初夏でしょう。季感ははっきりしますし、まとまった句ですね。出羽三山が浮かびますね。

ここで、もう一句見つけたのでご紹介します。

 

梅若菜鞠子の宿のとろろ汁

 

この句は「とろろ汁」を詠んでいます。これは、芭蕉が奥の細道のあとの猿蓑で読んでいる句ですから、東海道丸子の宿だと思われます。古来から有名な「とろろ汁」は、丸子の宿が名産地なので季語では秋ですが、どうやら梅が咲く若菜の頃でも食べられていたようですね。これも、最初の「秋涼し」の句のように季重なりなので季感がはっきりと解らない句です。それでも、春の季語から始まっているところから、春の句なのではないかと考えられますね。

このように食べ物は季節感が豊富なので、さまざまな解釈が考えられて面白いですね。

最後に少し面白い茄子の成句を揚げておきましょう。

 

瓜の蔓に茄子はならぬ

秋茄子は嫁に食わすな

なんて言われているのですね。案外、芭蕉も知っていた成句かも知れません。

 

 

 

 

「奥の細道」その後

「奥の細道」の旅を大垣に行き着いて、そこで終了していますが、大垣から江戸までは、かなりの距離です。
もう一度、今度は江戸へ向かって旅をしなければなりません。

この後、いったい芭蕉はどうしたのでしょうか?

一説によると、「奥の細道」の最後の大垣の章には、伊勢神宮の遷都を見にお伊勢参りに向かいとあります。

けれども、これまでの旅の疲れもあり、先ずは故郷の伊賀上野へ行き、そこで疲れを癒したと言われています。そして、大津の木曽義仲の眠る義仲寺へ行きます。そこから大津岩間山の山中の幻住庵を訪ねます。そして、この庵に四か月ほどのんびりとした時を過ごし「幻住庵記」を残しています。そこから、京都を巡り伊勢まで行きます。伊勢では西行が庵を結んだという二見ヶ浦に立ち寄っています。

これは、記録では大きな紀行文としての旅ではないようですが、この時期に嵯峨落柿舎に滞在中の日記として「嵯峨日記」を書き記しています。芭蕉四十八才四月十八日から五月四日までとされています。そして、やはり江戸へ戻るのですが、この時にはすでに芭蕉庵は人手に渡ってしまっています。

そこで、すぐ近くに新たな芭蕉庵を新築します。そして、約二年半をその新たな芭蕉庵で過ごしています。

その後、芭蕉は最後の旅に出ます。これは西国を巡る長い旅の予定でした。しかし、この旅の途中で芭蕉は息を引き取ります。大阪の御堂筋とされています。そして、その墓は、芭蕉の意志により滋賀県大津市にある木曽義仲の墓のある義仲寺に今でも埋葬されているといいます。

そして、その後の1695年元禄8年には「芭蕉翁行状記(ぎょうじょうき)」が刊行されています。